【2018年最新版】イギリス治験ボランティアバイト募集情報まとめ

8月 11, 2018

どうも!ブログ管理人のスズキです。

この記事では、海外治験の中でもイギリスの治験情報をまとめています。イギリスは外食など高いですからね。ついつい食べすぎて金欠になってしまった世界一周バックパッカーなどは是非治験でお金を貯めてください^^

イギリス・ロンドンの治験バイト情報

まずは、イギリスの首都ロンドンにある治験施設・治験情報をまとめて紹介します。

リッチモンドファーマコロジーの治験バイト

おそらく、イギリス治験情報で一番有名なのはココかなと思います。リッチモンドファーマコロジーの治験施設です。通称リッチモンド。最近観光地として有名なロンドンブリッジ(ロンドン橋)辺りに治験施設が移転して、アクセスが良くなりました。

公式ウェブサイトはこちらです。–>>リッチモンドファーマコロジーの治験情報をチェックする

UK治験の治験バイト

次に紹介するのはUK治験という治験仲介・斡旋業者です。リッチモンドの案件とは全く別の治験ボランティアバイト案件があるので、登録しておくと良いと思います。また、UK治験の案件は日本の治験ボランティア情報サイトにも掲載されていることがあるので、併せて登録をおすすめします。(謝礼金などの条件も同じなので、日本のサイト経由の方が安心感があります。)

公式ウェブサイトはこちらです。–>>UK治験の治験情報をチェックする

 

HMR(エイチ・エム・アール)の治験バイト

次は、HMRの治験ボランティアバイトです。ロンドン市内にある治験施設でおこなう治験です。病院内は非常に大きく清潔感があり、新しい施設なので綺麗好きな日本人でもストレスなく滞在が出来るでしょう。

公式ウェブサイトはこちらです。–>>HMR(エイチ・エム・アール)の治験情報をチェックする

イギリス治験の特徴

イギリス治験の特徴としては、治験入院が終了後の通院期間中にも宿泊施設が用意されているケースが多い事でしょう。イギリスはバックパッカーホステルなどの安宿でも最低1000円程度はしますので、通院期間が長引けば長引くほど宿泊費用が積み重なることになります。

これでは、せっかく治験ボランティアで報酬をもらってもその半分以上が宿泊費に消えてしまってもおかしくありません。しかし、宿泊施設を治験業者が用意してくれれば宿代は実質ゼロ円なので、節約したい方にとっては最適と言えるでしょう。